(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS トリウム熔融塩炉とカーター大統領と電力会社

<<   作成日時 : 2005/08/26 23:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 近年、トリウム熔融塩炉を調べて遊んでいるのですが、大変面白い。
 以下は、まだ確かとはいえませんが、こういう原子力の裏歴史もあるらしいのです。

 ご存知のように、日本で「核燃料サイクル」というと、「ウランープルトニウムサイクル」です。
 しかし、昔の米国大統領でノーベル平和賞受賞者のカーター元大統領(元原子力技術者)は、インドのプルトニウム爆弾実験成功に打ちのめされた時、日本に「ウランープルトニウムサイクル(U-Puサイクル)を断念する」ように求めたのです。
 で、このカーター氏が代わりに提案したのは「トリウム熔融塩炉(Th-MSR、この時代では熔融塩増殖炉MSBR)による、トリウムーウランサイクル(Th-Uサイクル)開発」でした。
 しかしこのときは、日本の原子力界は「核兵器製造ポテンシャル開発・維持のため」ということもあって、否定されました。国も不賛成でしたし....
(ここらの背景については「ウサギの耳とハトの目」(毎日新聞)とか、原子力・プロ野球・テレビなどの日本での実際の立役者であった柴田秀利先生の「戦後マスコミ回遊記」とか、佐野眞先生の「巨怪伝」を読んで、洞察してくださいませ)

 こうした中、東電シュラウドのひび隠し事件で東電会長から相談役に退いた方が、国も電力も支援しない中、その方自身が私費をもって、日本のTh-MSR研究を支援したことがあると言うのです。

 それが あの那須 翔元東電会長でした。

 いろいろな論文からすると、232Thから233Uをつくり、その233Uを核爆発させるのはできないわけではない。
 しかし、このときに付随する232U系列元素のガンマ線が強烈過ぎて、戦略・戦術目的を果たすことができる原子爆弾をつくることは実質的に不可能であり、中性子照射で233Uをつくるときに、232Uが爆発的核分裂反応を妨害するほどに混じってしまうらしい...
 つまり、爆発するにはするがトリウムーウランサイクルは
「兵器としての要請」
を満たせないのです。
 そして、そのサイクルを満たすためには、
「トリウム溶融塩炉(LFTR)」が優秀であるわけです。
 さらに核廃棄物すら燃やせる、そして核廃棄物容積を8パーセントに減少させるのです。


 課題はたくさんあろうが、研究開発してもよい炉型だと思います。
.
 そのため、核燃料の燃焼調整で上手く克服できるプルトニウム爆弾を作るほうが、お得だという..訳で、プルトニウムのほうが「平気としての要請を満たせる」のです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
澤田哲夫氏へ(1)嘗てあったすばらしい援助
澤田氏へ (要旨)1.溶融塩炉(LFTR)は那須東電元会長が、自分のポケットマネーで、 援助してくれた経歴のあるものである。 http://10767277.at.webry.info/200508/article_3.html ...続きを見る
原子力だのゐろゐろ
2013/04/04 02:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリウム熔融塩炉とカーター大統領と電力会社 (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる