(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 核廃棄物消滅処理は原子力推進の強力なエンジンである

<<   作成日時 : 2006/08/10 21:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

 常々思うのは、地層処分選定に苦心して、貧乏市町村を札束でひっぱたくような、
資源エネルギー庁の、
“原子力立国計画”
のたまらなさなのです。
 資源エネルギー庁なんて、もともと、「もんじゅ」可愛さの為に、トリウム熔融塩炉について、あやふやな知識のインチキ答弁をしたほどですから、どういう質のものかは良く分かる。
 それにあれでしょ?
 KM氏にトリウム熔融塩炉を、「腐食し易い」とかいわせた“原子力の全て”も、もともとは資源エネルギー庁か経済産業省あたりの公募で“「原子力の全て」という本を作る”のをやって、その公募を原産がモノにして書いただけの話しと聞いている。
 そのKM先生は、どうも「FLiBe熔融塩は水分混入などの不純物があったりすれば、腐食的になるが、精製すれば問題は無くなる」という事などは、ご存知なかったのではないかと思うのです。
 まあ、それは良いのです。

 そう言うレベルの状況で「原子力立国」と大計画をぶち上げて、予算がつくのだろうか?
 しかもそこに、地層処分がある。
 地層処分の問題点は、
積立文章:原子力推進...か....(随想) 地層処分・核廃棄物をメインに...
とかで言うような地層処分の性格とか、地層処分をきっかけに国民が離れていくとか、
核廃棄物問題の根底にある要素とトリウムサイクル
にあるような、一種の「モラルハザード」を起こしてしまいます。

 いかに地層処分が、いろいろ副作用の強い方法かがおわかりと思います。

 で、まえにも申したと思うのですが、
“核廃棄物を埋めずに処理する。核廃棄物処理が、短期間の貯蔵・短期間で少量の地層処分で済むようにする”
には、
“核廃棄物消滅”しかない。
“核廃棄物消滅”のためには、以下のような原子力技術の飛躍的発展と、現実応用しか、経済的な負担なく行なう道がありません。
(当面は、トリウムパワーの方法を応用して、Pu・MAの燃焼もある程度可能です)

1.トリウムサイクルを使った核廃棄物消滅・燃料増殖・発電などの原子力技術。
2.1には化学分離の容易なトリウム熔融塩炉サイクルも当然含む。
3.トリウム熔融塩サイクルにADSを適用することで、核廃棄物消滅・燃料増殖を強化。
4.IFRのような限定的な金属燃料プルトニウムサイクルでの核廃棄物消滅。
を利用して、核燃料サイクルが経済的に運営できると言う制約の元で、核廃棄物を消滅処理していく「サイクル内消滅」しかない。
 こうすることで、社会全体の恐怖も取り除く。


 この方策をぶち上げれば、社会の注目も集まり、国民は支持すると思われます。
 何しろ、
“核廃棄物を叩き伏せる核燃料サイクルをつくりあげる”
という目標には、
「地層処分のようなもので次世代に負担をかけてはならないという道義」
からくる「大義名分」がありますし、「エネルギー」という大義名分もあるのです。
 人を奮い立たせるには素晴らしい大義名分です。

 こういう大義名分があってこそ、大計画のエンジンはかかるわけです。

 さて、お気づきになった方も多いと思いますが、実は、
“核廃棄物を逆手にとって核廃棄物消滅を目標に、真に国民に受け容れられる原子力をつくりあげていく”
ということが可能なわけです。
 でも、今の原子力関係者・OBの人達の多くは、この事に全く気付いていません。
 



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
積立文章:原子力推進...か....(随想) 地層処分・核廃棄物をメインに...
 日立の件、壊れタービン....  あれ、「技術力」とか「日本の原子力技術の衰退」という扱いを受けるでしょうね。  其処の人が誠実であっても、有能であっても.......  確かにそれはそうで、技術の衰退と言えば 1.美浜2のギロチン破断 2.もんじゅNa漏れ、漏れたNaが空気中の水分と反応して熔融塩化合物となり、鉄の床を溶かし、水分を含んだコンクリートに接触しかけた。接触すれば水素爆発。 3.核廃棄物のアスファルト処理施設、ぶっ飛ぶ。 4.東電シュラウド。ひび発生の原因は、... ...続きを見る
原子力だのゐろゐろ
2006/08/12 16:45
スウェーデンで、ちょっくら深刻な原子力事故(インシデント)起きる。非常用電源に弱点か?
 スウェーデンで、ちょっくら深刻な原子力事故が起きました。  原子炉の外だが原発の安全を支えるのに重要な、非常用電源に弱点があったらしい。   “スウェーデンの Forsmark原発が、400キロボルト外部電力開閉所のショート(回路短絡)で原発を止めようとしたら、 「安全に停止させ、かつ停止後の燃料の崩壊熱を除去し続けるの電源として必要」 な、原発の予備ディーゼル発電機が4個のうち2個、電力網のショートでダウンしてしまった。危ないところだった(注意:1個の発電機は原発機能維持の為... ...続きを見る
原子力だのゐろゐろ
2006/08/12 18:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
核廃棄物消滅処理は原子力推進の強力なエンジンである (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる