(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS ココログ王桜井先生のブログコンフュージョン

<<   作成日時 : 2007/01/20 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ココログランキングの王者桜井先生も、いろいろブログ上でコンフュージョンしています。
 ニフティからも、一種の「ご忠告」を受け取ったようです。その書状の意味は、「これからあなたのブログについては注意を払ってみていきますよ」という、一種の警告です。
 この先、桜井先生のブログはどこへ行くのでしょうか?
 「旧・市民的危機管理入門」のほうが、参考になることが多かったけど、現在の「新・市民的危機管理入門」は、多産ではなく、その実り少なさを罵倒で埋め合わせをしているように感じてしまうのです。
 ブログって、難しいものですね。いいネタが取れない日も多いし。
(以下引用)
2007年1月19日 (金)
世の中には軽水炉の高燃焼度燃料から抽出したプルトニウムで兵器級並みの爆発力が得られると錯覚しているバカがいる−まだ、実験的に証明されていない−

(引用終わり)

 ああ、それ、月刊エネルギーで武藤なんたらが同趣旨のことを言っていたけど。
 でも、遠心分離やレーザー濃縮も出来るので、兵器級への道は明るいですよ。
 でなきゃ、プルトニウムが世界から厄介者扱いされていることの説明がつきません。
 それに、軽水炉使用済み核燃料からの原爆は実験済みというのもあって、桜井先生たる人がご反論なさらず、呪文のようにこの言葉を言い続けていることには納得できませんねえ。
 
(以下引用:題名だけの代物、前の題の焼き直し)
私はまともなコメント書き込みを心待ちしております−過去数百件中まともなのは数件だけで、ほとんどは中傷・妨害目的の反社会的じゃれごと−
(引用おわり)
 今まで寄せられたコメントは、「自分の尺度からしてまともでなかったので消した」と自らとニフティに言い訳しようとしているのではないですか?
 その言い訳がご自身の良心を納得させられればいいのですが、案外そうは行かないもんなんですよ。


(追加)
“私はまともなコメント書き込みを心待ちしております−過去数百件中まともなのは数件だけで、ほとんどは中傷・妨害目的の反社会的じゃれごと−”
から、
“過去一年間に数百件のコメント書き込みがあったが、普通なのは数件のみで、大部分は中傷・妨害−まったく参考にならない−”
に、URL・題名ともに書き換えされた。
 何かを、意識なさっておられます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ココログ王桜井先生のブログコンフュージョン (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる