(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS おーどりん氏へ、こっちから仕掛けるぞよ

<<   作成日時 : 2011/04/16 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 おーどりん氏へ、私のブログ各項を全部読めとは言わない。
 しかしわたしゃ、原子力の今の国策に奏でられているcacophonyの流れに違和感を持つものですわ。
 おーどりん氏は、そのcacophonyが聴こえないみたいなら、耳が遠いのか?
 虚庵氏なら、私の言っている意味がわかるぜ。

 わたしゃ、虚庵氏をこのcacophonyから少しでも救いたいだけだ。 加@時男氏はcacophonyを首長として造った癖に、己のブログを閉じるようにして、卑怯にも逃げを打っている。虚庵氏とどっちが潔いか考えてみたことがあるんか?
 加納@男氏はは2chで話題になっている。荒っぽく言えば「卑怯者の東大出身の
東電出身の自民党元参議院議員」としてね。
 こういう卑怯者に施す方途は無い。
 こういうのは、ねらーは絶対に許さない。
 けだし、福島第一と再処理工場・酸化物燃料しか使えぬSFR「もんじゅ」の大推進を賛同署名し参議院議員の圧力で持って、あのcacophonyしかない提言を推進したのだ。
 あんたはそれを許せるのか?
 で福島第一レベル7大事故以後、この自らの責任から「逃げ」を打つ、ブログを閉じた卑怯者なのだ。
 おーどりん氏、責任を全うしないで逃げを打つ「原子力界の卑怯者」の元東電副社長に比して、虚庵氏のなんと潔いことか!考えてみたまえ!
 
 また加@氏が副社長にしても、同じ東電副社長にして、再処理工場や遠心分離を堂々と批判し、歴
史を編んだ豊田正敏先生(豊田先生には論戦において鍛えて頂いた。口内炎が一日に7つ出来た事もある)と比したとき、わたしゃ@納氏を「許されざる者」と言うしかないのだ。

 さて、この「東電福島ぶっ飛び事故以降、逃げ回る原子力の卑怯者」に比して、虚庵氏のなんと潔く、詩人であることか!この潔さは範とするべきものである。
 虚庵氏の如くの人こそ、「日本原子力の宝」と言うのだ。
 詩人の虚庵氏、文章家の天野氏、剃刀の豊田氏。
 これぞ、「日本原子力の三宝」と言うのだ。
 彼らをして、この大事故でゼロに戻りし、再出発せねばならぬこれからの原子力開発のあるべき姿を論じてもらえば、この深い闇に包まれた日本核エネシステムを導く"constellation"(星座)たるに相応しいではないか?

 ええか、おーどりんはん、その視点をや、今まで余分の勉強も思索も多読もせず、仕事を勉強や思てただろ。
 それやったら、何もせず寝てなさい。その方が邪魔にならんし。
 。(私にも構想はあるがね)

 おーどりん氏にはそれが分からぬかなあ、まあ、わからんわ。だから寝とけ。
 
 宜しいか、おーどりん氏よ!「物事や行為は複数の意味を有する」とは、こういう事なのだ。
 あんたが、そのことをいつも心の片隅におかぬから、私のようなパープリンがお教えするという「腹立たしい必要」が出てくるのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おーどりん氏へ、こっちから仕掛けるぞよ (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる