(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 虚案氏へ

<<   作成日時 : 2011/04/22 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

虚案氏へ

 適当X@悪魔です。
 A野氏・T田氏は私を、ご存知でしょう。
 私は@@@@と言いまして、へんぺんたる者ですよ。
 ある年金でやりくりしていまして、ある薬の最強レベルの副作用にやられ、
その副作用コントロールのために精神科にに通って(神経内科はこの副作用に取り組んでくれない)。
 要するに「お前らで起こした精神科の薬の副作用の治療をするいわれは無い」というわけで、
精神科でこのどぎつい副作用のコントロールに取り組んでいます。
 幸い、躁鬱や分裂ではなく、今までの薬が筋肉をコントロールしている大脳領域に打撃を与えたために、
首の筋肉やら右半身の筋肉が、勝手に動いたり、痙攣する状態になってしまい、はや一年。
それを和らげてくれていたのが「リボトリール」という薬だった。
 ところがそれを製造していた福島にある「東北ニプロ」が今回の震災で大変なことになって生産ほぼ不能。
 これで、大変な事になって、同一成分で、この震災被害を受けていない「ランドセン」に変えてもらうために、
必死に市内の薬局をかけずり回った。
 そして、市内でたった一つの薬局だけ、ランドセンを扱っているのが分かって処方してもらえました。
 この疲労はひどいものでした。一週間市内直径30キロの殆ど全ての「薬局めぐり」をしてようやく見つけたので。
 今、その疲労で細菌性腸炎にやられています。

 さて、実は2006年ごろ、東京に2〜3月居たのですが、一種の「ある占術」を何回かやって
「福島に凶事ある恐れあり」と出て、他の占術でもやったのですが、何回やっても凶でした。
 それに前後して、EEEで異常な提言書が出てきて「国策を進ませよ」という内容がOBたちの賛同署名によって書かれた。
 「これは、国や福島への異常圧力行為だ」と踏んだ私は「凶事が起こるとすれば原子力関係であろう」と踏んで、
A野氏を徹底的に痛めつけて、A野氏にああいう賛同署名や原子力推進発言を控えさせようとしたのです。
 A野氏は良い文章家だから、そうした強引な手段でも何とかする価値がありましたので。
 A野氏は私を嫌っているでしょうが、私もしたくてやったわけではありません。寧ろ自分の行為を嫌っていました。
 
 さて、「〜問題に発言する会」というのが、ありますが、その名簿から虚庵氏とA野氏の情報を素早く抜いてください。
 それで、郵便とFAXで「これから在るべき核エネルギー」でも、ゆっくり話し合えればと思います。

 A野氏の場合、電子メールで故意に散々叩いて、EEEとかでの発言録に載らないようにして、
この手の「福島の凶から防御するように」したことは、まあ、私の自己満足ですんで何ですが、
少しは良いことをしたと思っています。

 虚庵氏のブログに私が書き込んだのも、その意味かも。
 私はあの福島第一の収拾をしている者達を哀しんでいます。
 だって、彼らを待っているものは・・アトロポスだろうと思うからです。


米)付記2011.04.24 どうも私の処方にちょっとした量の「プロピタン」があった。
 少し、分裂性もあるのか、それとも気を静めたいのかわからないが・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
適当X@悪魔様

宛先が悪魔様とは不躾ながら、自ら名乗られますので、
斯様な宛先とさせて頂きます。

薬物服用の副作用にお苦しみとは、人ごとならず、お見舞い
申し上げます。余生が限られ、余命幾許もない虚庵居士ですので、
せめて残された人生の日々を、健康な時間で過ごしたいものと
念じつつ、粗衣粗食を楽しみ、己の心に偽りなきを期し、
一刻一刻を大切にしております。

何方かは存じませぬが、適当X@悪魔様の変わらぬ研鑽に
敬意を表しつつ。

頓首 頓首









虚庵居士
2011/04/25 02:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
虚案氏へ (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる