(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 溶融塩炉(LFTR)に全力注ぐKirk Sorensen(米国、個人)と批評と斜に構えている日本

<<   作成日時 : 2013/12/17 09:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Kirk Sorensenが精力的かつ意欲的に、新型溶融塩炉(LFTR)にとりくんでいる。
日本は、うさちゃんや池田信夫みたいな「あほ」と、「日本の溶融塩炉(LFTR)」連中の動きがのろすぎる。
 地震期に入ったら、この炉型しかないのは明らかだろうが!
 経産省・JAEA・「トリウム溶融塩フォーラム」「電力会社」のノロマ、バカ、国賊。失敗が怖いんだろ?それに、奈良林みたいな「アホ」がいるからな。


http://www.youtube.com/watch?v=7TQkLRQxgyY
公開日: 2013/11/07


公開日: 2013/11/07
 男はKirk Sorensenのごとくありたいが、日本では官僚・電事連・御用学者・原子力電力族
政治家が邪魔をするんだ。

 ついでに、


Kirk Sorensen (of Flibe Energy) offers "the industrial perspective" on how the upcoming "nuclear retirement retirement cliff" of today's plants, combined with large numbers of coal plants facing retirement, create opportunity for the Liquid-Fueled Thorium Reactor.

Department of Energy's "Nuclear Energy Research and Development Roadmap" states "it is ultimately industry's decision which commercial technologies will be deployed. The federal role falls more squarely in the realm of R&D."

Kirk notes that informal talks with NRC personnel, they have a great deal of optimism regarding regulation of LFTR thanks to MSR's inherent safety features. "The NRC is happy to look at anything, so long as you pay their billing rates... sometimes being different isn't all bad if you can help them achieve a higher level of safety."

Flibe Energy is currently conducting a year-long feasibility study

http://flibe-energy.com/

http://thoriumenergyconference.org/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
溶融塩炉(LFTR)に全力注ぐKirk Sorensen(米国、個人)と批評と斜に構えている日本 (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる