(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射能に惑わされタリウムとセシウムをごっちゃに論じるー固有性無視

<<   作成日時 : 2014/01/13 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 ところで...ゴミメールを見ていたら、
「と学会組織論批判や山下ぴろしの批判をするなら、あんたとこのブログでしてよ。消すね」
という、「余計なことを言う馬鹿」の手紙がありまして・・・・メカAGでしたっけ・・・今日はこんなのと対比させて「問題の核心」に「鼻毛一本でも迫れたら」と思っています。
 メカAGは「放射能を放っていれば、タリウムもセシウムもごっちゃにする、『クソして寝てろ』と
言いたくなる」人種ですんで。

”もう、「と学会」は「権利能力無き社団」や「@@法人」の領域に膨張したわけで、「定款」を定めて、ガバナンスしないと、山本弘会長だけではコントロールできないの。、”

なんていう「ガバナンス」も言わずして、「消すよーん」で消された。
 世の中「利己中心的」な、「フクイチ逝って働け、うすらバカ」というのもいるのは事実。
 しかし、こういうものもいないと社会は成立しない。だからわたしゃ、この「うすのろ」を認めている。



 、
 ところで、同じメールで消すのなら、藤原節夫先生のように、
「ルール違反だから消してください。それともこちらから消しましょうか?」のほうが、
根拠があって良いし、その規律・自立性にシビレました。

 

 藤原氏のとはちがう。メカAG氏は文章にだらしがない。

 ま、心を汚くするばい菌文章でした。

 さて、セシウムの話でもしましょうか?
 しかしあのゴミAGの「メール」は「ゴミ」といえど、
「少し鉄槌を浴びせる必要」があります。

 「メカAGの『がん細胞が日常的に生まれている』ですが、我々は免疫系と
各臓器を覆う皮膚の如きタンパク質(コラーゲン?ベータシート構造)によって護られていて、
臓器転移をするときは、この「壁」を破るため、糖タンパクや酵素を上手く使って、転移したりします。

 しかし、@@AGの場合、見落としがある。
 それは病理学的に、「分化の進んだがん細胞か、未分化がん細胞か?」という、
「病理学的に明確であるがん細胞か?」ということです。
 こういう場合は、「病理学」的にはどうなのかを考える必要があります。
 案外、普通の細胞に近い分化した細胞を、「癌(悪性新生物)」とすると、それは
「基準がstrict過ぎるかもしれない」わけです。
 ここで、きっちりとした「『分子生物学的データ』が欲しい」のですが、彼は疑っていない。
 実はそうなると、「どういう基準で、悪性新生物といえるのか?」
わからないわけなのです。
 こういう「問題意識がない」ので「嫌みったらしいゴミメール」をおくって「自慰行為」をしているのです。酒飲んでる暇ねーの。寸暇を惜しんで勉強しなさいや。

 そんな暇があるなら、問題意識を持って勉強すべきなのですが、「何が問題かわからない」わけです。

 しかしながら、ああいうメールをよこしたAGの、その中身ですら、有益なものがあった。
 おいおい、@@@、ゴミAG、「と」とかを観察していると、結構面白いものがあります。

 組織のトランジション・「良い考え、悪い考え」・「AGのいう『ガン』−分化と未分化」などです。
 彼は「ガン」と一口に言うけど、それが「本当の悪性新生物」といえるかは、彼の思慮の問題
ですが、この人の思慮には「固有性無視」の考えが強い。「普遍性」と錯覚していびつな考えです。

 「普遍性」があるようにしたいなら、抽象的思考に一気に「ぶっ飛ぶ」必要があるのですが・・・
 

 まあ、ゴミはゴミですから・・・
 実のところ、セシウムは放射性であれ、非放射性であれ、
”生物の住む環境にあってはならない元素”です。

  野山を歩いていて、セシウムの鉱石がごろごろしている環境は、地表のどこへ言っても無い。
 ベリリウム単体が、ごろごろ転がっている地表は無い。
  米国で覚醒剤触媒として使われるタリウムが地表にごろごろあるわけではない。

 実際のところ、セシウムは地表にあって、その中で生物がライフサイクルしてるわけではありません。
 そこが曲者なんです。
 セシウム137は、「セシウムの毒性」に「放射性核種としての毒性」がプラスされたものと考えてよろしい。
 一つ、たとえに相応しいかどうか解りませんが、「トロトラスト」を持ち出しましょう。
 昔問題になった「二酸化トリウム造影剤問題(トロトラスト問題)」がありまして、戦争で負傷した人間の手術にこれを用いたのですが、困ったことになったんです。
 というのは、トリウムが排出されないものなので、りこち沈着し、癌なんかを発祥し始めたわけです。
 ただ、戦後、この「重い放射性元素の酸化物=二酸化トリウム」の問題がわかって、注視されました。
 トロトラスト沈着症はもう患者が減りに減って、稀の稀しか診られなくなりました


 ですが、ここに教訓があります。
「我々が普段代謝していない元素やその化合物」は、「代謝に乗らな」いため、
1.排出されない
あるいは、
2.排出速度が遅い→生理的半減期が長い。排出パターンも普通でないかもしれない

ということです。

 これを見落として「放射能云々」を論じていた「と会」のpppやメカAGが見落としていた部分です。
 こういう立論をすると、「放射性」という部分だけにとらわれ、「それらの物質・物質化合物」の
「固有性」を無視した「リディキュラス(つまり「バカげた」)議論しか出来ないわけです。
 山本弘やメカAGの議論・立論は、大して実用的な考えを皆様に提供できないわけです。

 結局、議論にでてくるはずの「普遍性」「固有性」、ときには「不変性」「不変量」の議論や立論が出来ないわけです。


 まあこんな、
「疑似科学とかを議論したり立論したりする、『山本弘』『メカAG』のような、
『しょーもない、アホ遊びの議論や立論』は、問題の核心に鼻毛一本すら入っていない、『タリウム』で禿げらかしたアホ議論」


が横行闊歩していますが、そいつらはほっといて、
というわけで、

 「地表に生きている人間が代謝しているしている物質とは、『まるで違う』元素が、
入り込むと、

“生物学上問題だし、医学上の問題を惹起してしまう可能性が大きい”

とお考えになれるならば、原子力プラント破壊事故で放たれた元素やそれら化合物が、どれほど問題を齎すか、それはわからない」

のです。
 最悪なのは、そこに「放射線」が噛んでくるから、話は「より深刻になってしまうのです。

ただ、トリウムは注目を浴びている、溶融塩炉(LFTR)で動かせば、ウランそこのけのエネルギーを出せる元素なのです。以下は、カルロ=ルビアが232Thの素晴らしい、エネルギーとしての潜在性を語っています。トリウム溶融塩炉(LFTR)や溶融塩技術が素晴らしい「技術」です。これに比すれば「メカAG」も「山本弘」も「トイレットペーパーの芯」のようなもんです。









(バカAGの原文)
感想:終局的には
I saw "mron(MEKA AG) is a mron, like a critical plutonium ,Am, Cm",
So I hate him.like a diarrhoea caused O-157..Otherwise evola virus.
Because , he have not courtesy,a few.
Perhaps everyone, powerful sciensts, and philosophers hates him.
For he has only a craver to avoid his proofing responsivirity for audience.
MEKA AG’s:avoid trace1(MEKA AG biggest failed):http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/2009-08-21.
.

http://mechag.asks.jp/689956.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
追加:未分化細胞がんについてのトピック
 前に、放射性物質や元素一般毒性と絡めて、「細胞」のことを書きました。 ...続きを見る
(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だ...
2014/02/04 01:15
メカAGギジカガクニュースファシズムへの抵抗
 メカAGのファシズムに抗って、次のよぷな文章を書いた ...続きを見る
(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だ...
2014/02/04 02:08
メカAGのクソタレ文臭1
http://www.asks.jp/community/nebula3/189027.html?mode=reply 北極海のシロクマは大量死しているか 2014/02/03 00:07:00 (UTC) ...続きを見る
(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だ...
2014/02/04 03:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射能に惑わされタリウムとセシウムをごっちゃに論じるー固有性無視 (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる