(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2014/02/27 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

親父が1980年近くに、京都府立医科大学で、心臓における心電図の画期的な計測法ーそれは、
「うざい心電図のノイズは捨てて要点を得た、『見やすい心電図』を、過去のコンピューティング
を使った『電気生理学的基礎に基づいてその論文は、HEARTやSARCURATIONに記載され、
ヨーロッパにほぼタダで講演」したのであった。
 そこに、”H.TAKEDA”とある。
 
 ところが、研究室教授会の力学で「心臓研究」弱まり、彼は「うつ病」になって、
「京都の病院長のオファー」を蹴って逃げ出し、邪悪な彼の兄弟のいる鳥取に帰ったのである。


 俺には、この田舎では職はなく、論文でも書こうかと思う。
"熔融塩炉(LFTR)→ mapping ”Erdos-Rany Randomgraph network liquid"
→mapping"EWALD Harogenionic high temp inorganic clomb potential"mapping→
"probavility"mapping→"best high Temp material on many corrosions"


なんて、論文でも書けたらと思っている。mathmaticsとpyrochem liquidのmixtureで。

(また論説も書いてみたい)

<1.「関係ない分野にも、溶融塩炉(LFTR)・溶融塩科学技術開発、原子力開発の、
『エレガントなヒント』がある

 
(熔融塩炉(LFTR)」・溶融塩科学技術と、社会学者「ダンカン=ワッツ」や「ストロガッツ」) 
 ダンカン=ワッツ(コロンビア大で「社会学」として成功、いろいろな機関の研究員でもあり、
気鋭の社会学者でもあり、数学では「ネットワーク論(特にErdos−Ranyの
「ランダングラフ」(1959)を復活させ、感染モデルや偶然性や事故の研究には欠かせないし、
心理学者ミルグラムを参考にして、「スモールワールドネットワーク」概念を提唱。
 ただし、ここには、コーネル大のストロガッツの支援・指導が大である)


 私たちは、「フクイチ」で「偶然性による、史上最大の大事故」を犯した。
 澤田・奈良林・山名元にせよ、
そして多くの溶融塩科学技術研究者も熔融塩路(LFTR)研究開発者も、こうした本は読まず、専門家
の本を渉猟している。


 だが、英国の原子力研究する者達は「シェイスクピア」「新訳・旧訳聖書」を知っていて、
「『ファンタジー』の名作、J.Jトールキン」も知っており、原子力においても、それが、
「己の話の表現」のレトリックとして、口をついて出てくる。

 そして、他の学者達と深い交流をしている。
 そういうものが、「大きなアイディアの源になるのを知っている」からである。


(「人の行く、裏に『道あり』、『花の道』」)
 私の、溶融塩科学技術や溶融塩炉(LFTR)についての考えは、本にあるようにオーソドックス
ではない。というのも、、投機の言葉にこういう言葉があるからだ。

“人の行く、裏に『道あり』、『花の道』”
と。

 私は、この言葉を信じて、『論文』でも書いてみたいものである。
「『花の道』を探して『歩んで、多産な溶融塩炉(LFTR)・溶融塩科学技術研究開発の成果』を、
手にしたい」
 そう思っている。


(論説も書いてみたい)
 たとえば、こういう論である。

<Deathes Distorybuter-HukushimaーDaiichi.
National,Internationnal>
.But Sawada,Narabayashi,Yamana etc force us and internationai mens,and all bio things,
"die to gain energy".
In Japanease ,they mach nuclear "speciallists" need to die.

Because they lie "nuclear Speciallists".
Much of them has not to enough to deapth to philosofy to use nuclear power.

なんて、論説を書いてみたい。


(2.またよい科学史論文も書いてみたい)


 以下のことは、週刊誌にも新聞でも書かれていない、人間の精神心理とエネルギーが交差する点で
見つけ出した私の論説である。


<1.「関係ない分野にも、溶融塩炉(LFTR)・溶融塩科学技術開発、原子力開発の、
『エレガントなヒント』がある
 
(熔融塩炉(LFTR)」・溶融塩科学技術と、社会学者「ダンカン=ワッツ」や「ストロガッツ」) 
 ダンカン=ワッツ(コロンビア大で「社会学」として成功、いろいろな機関の研究員でもあり、
気鋭の社会学者でもあり、数学では「ネットワーク論(特にErdos−Ranyの
「ランダングラフ」(1959)を復活させ、感染モデルや偶然性や事故の研究には欠かせないし、
心理学者ミルグラムを参考にして、「スモールワールドネットワーク」概念を提唱。
 ただし、ここには、コーネル大のストロガッツの支援・指導が大である)

 私たちは、「フクイチ」で「偶然性による、史上最大の大事故」を犯した。
 澤田・奈良林・山名元にせよ、
そして多くの溶融塩科学技術研究者も熔融塩路(LFTR)研究開発者も、こうした本は読まず、専門家
の本を渉猟している。

 だが、英国の原子力研究す亜は「シェイスクピア」「新訳・旧訳聖書」を知っていて、
「『ファンタジー』の名作、J.Jトールキン」も知っており、原子力においても、それが、
「己の話の表現」のレトリックとして、口をついて出てくる。

 そして、他の学者達と深い交流をしている。
 そういうものが、「大きなアイディアの源になるのを知っている」からである。

 私の、溶融塩科学技術や溶融塩炉(LFTR)についての考えは、本にあるようにオーソドックス
であるが、投機の言葉にこういう言葉がある。
“人の行く、裏に『道あり』、『花の道』”
と。

 私は、この言葉を信じて、『論文』でも書いてみたいものである。
「『花の道』を探して『歩んで、多産な溶融塩炉(LFTR)・溶融塩科学技術研究開発の成果』を、
手にしたい」
 そう思っている。

<2.Deathes Distorybuter-HukushimaーDaiichi.
National,Internationnal(エネルギーのために、国内外の人間は死ねと強いる「、たくさんの「原子力専門家」>

.But Sawada,Narabayashi,Yamana etc force us and internationai mens,and all bio things,
"die to gain energy".
In Japanease ,they mach nuclear "speciallists" need to die.

Because they lie "nuclear Speciallists".
Much of them has not to enough to deapth to philosofy to use nuclear power
.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる