(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS midnightexpress-甘利は数年内に殺される可能性巨大、だが唯一、救援方法はある

<<   作成日時 : 2016/01/27 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 甘利はTPP妥結後、殺される危険性を考慮していません。
 しかし世の中は甘くはない、自由というのはつまり「なんでもあり」の世界。逮捕懲役ならまだいい。だがそこにも落とし穴があり、医務で「医療ミス」として強力な抗がん剤の猛烈なのやノルアド(点滴で与えないと一発で死ぬ)をワンショット注射をされて、おさらばです。つまりTPPを結ばせるために利益を与えて結ばせて、あとで殺す「捨て駒」「使い捨て道具」にされるのを見抜けなかったわけです。
 では、甘利が生き残る道は?たった一つだけあります。
 それは、
このままでは90パーセントの確率で甘利は数年内に殺されること間違いありません。なぜかというと、「深く入り込みすぎたから」です。
 今、自民党は、甘利をかばっているように見えますが、それは大嘘。本当は「売国奴、死ね」「わざと先延ばしさせて口封じするための時間稼ぎをしよう」「TPP批准に至った経緯がばれると困る。始末するための時間稼ぎをしよう」です。なんてったって、このタフツ大学(米国の超名門大学・研究機関のひとつ。11歳で数学科に入る人も出てくるくらいの超名門大学)の結果を無視しまくって強行したのですから。となると、彼には莫大な金が流れていることになる。それがバレると、自分達が被害を受けるからです。これを逆手にとって、全てを語るのです。実名で。
 そうなると、国会も閣僚も、アメリカや背後にいる製薬会社やユダヤ金融のことがばれるので、国民世論は沸騰し、彼らも大混乱します。すると、国民世論は一気に甘利の側につき、彼は、殺されないための強力な防壁を手に入れられます。そして、自民党も大混乱します。国民世論が甘利の側につくので、そうそう手が出せなくなるわけです。だから口封じの手段は使えなくなるわけです。安倍内閣も撲滅でき、TPPも雲散霧消します。そして自民党を離脱するのです。
 そして刑罰を受けることになっても、執行猶予をつけざるを得なくなり、彼の命は救われます。
 このまま半端な態度を取り続ければ、絶対に殺されます。国民世論も「ああ、死にやがった、ばんざーい」というわけなのです。

 この対策は一分一秒でも早くやらなければ、彼は数年内に殺されるでしょう。甘利の命だけは助けてやりたい方は、この方法を甘利に即刻知らせてください。唯一の作戦です。裁判起こされまくられようが、国民の厳しい目が監視役になりますので、創刊mんたんに手出しができ名s区なります。そして逆に、「甘利は正直な奴だ。根は正直な奴なんだ」というイメージが植えつけられて、政界に返り咲く可能性だってあるのです。

 簡単なことです。でもこんらんした頭では、何もできません。甘利は今混乱していますから、この「ほぼ確実に起こる甘利殺し」と「対策」を立てられないと思います。

 早く甘利に知らせてやってください。これでTPPを結ばせた犯人たちが表にゾロゾロ出てきますので、簡単に手が出せなくなります。このままでは、例えば砒素やタリウムやポロニウムによる毒殺もありえるのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
midnightexpress-甘利は数年内に殺される可能性巨大、だが唯一、救援方法はある (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる