(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 抗がん剤多剤大量療法(標準療法の)害か?「ガン治療には低量であれば化学療法は有効」らしい。

<<   作成日時 : 2016/02/26 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 以下のことは、昔から言われてきたことなのですが、大量多剤療法が、『標準療法として』推奨されまくっています。
(スプートニクから以下引用)

化学療法、低量であれば効果は大

米国の研究者らはガン治療には低量であれば化学療法は有効との結論に達した。医療ニュースサイト「メディカル・エクスプレス」が報じた。

モフィッタ悪性腫瘍センターとフロリダ州学研調査研究所の研究員らは乳がんを病んだラットを使った実験を行なったところ、低量の化学療法を連続的に行なったラットではガンは縮小し、標準的な化学療法では治療後に制御不可能な状態となる抵抗細胞を残さないことが分かった。

科学者らはこれにより、低量の化学療法であれば療法終了時には副作用を最小限に抑え、がん細胞をコントロールでき、これ以上の増殖を防ぐことができるという結論に達した。



http://jp.sputniknews.com/science/20160225/1677250.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
抗がん剤多剤大量療法(標準療法の)害か?「ガン治療には低量であれば化学療法は有効」らしい。 (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる