アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「廃棄物」のブログ記事

みんなの「廃棄物」ブログ

タイトル 日 時
原爆水爆欲しければ「買えるのだから買えばいい」・原爆型原発爆発の謎1
 これはあたしのファンの手紙の、あたし適当Xの拙いお返事です。(まあ、あたいのような奇妙な男にもファンがいる・・・・つまり「蓼食う虫もいる」ということですねえ。「おひょひょはへえ」と首を傾げるのです。私自身が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/27 23:58
廃炉 日本に知らせてないフクイチNHKの態度
 これから原発の「ブラックアウトシステムスプレッド危険」「アクシデントスプレッド危険」について、述べてみたいが、言葉があるかどうか・・・・NHKは廃炉について、外国では、こう放送しているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/22 13:24
河野太郎氏は「弗化物トリウム溶融塩核エネ民生技術システム」を、古川から教え込まれた、理解者なんだよ
ほほう・・・河野太郎さんかあ・・・彼は、10年以上も前から「弗化物トリウム溶融塩核エネ民生技術システムを、古川から教え込まれた、理解者」だったんですわ・・・けども、このシステム開発実現成立を学者・東電の加納とかに、妨害されていたんですわ。  ここだけの話だけど、2006年あたりに、その関係で「『弗化物トリウム溶融塩核エネ民生技術システム』以外では非常識で眼のない男」である古川とチェコに行ったとき、パスポートの早期発給で、彼の力を借りろと言われたことがあって、有楽町で彼の力で、チェコ行きパスポー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/08 23:56
核廃棄物地層処分は早すぎる!資源エネ庁のエリートのドタマを疑う!どうせ「再稼動」のためだろうが!
核廃棄物地層処分は早すぎる 日経2015.10.04 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/06 20:25
PWR/BWRのような装置自己増殖炉(安全装置欠点自己増殖炉)より・・・
 BWRやPWRのように、「フィルター付けたり」「安全装置の増殖」と同時にその欠点が増殖する、馬鹿原子炉など見ないで、そのままで、安全な弗化物トリウム溶融塩炉レポートでも見るほうがいい。ベントフィルターは奈良林直らしいけど、事故時にフィルター装置が正常という前提が変だし、まず異常負荷が待っていると見るのが自然・・・あのオヤジ・・・おもろかったわ・・・桜井よし子ちゃんにかばってもらわんと、なんもいえへんのやから・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/18 15:44
日露、日加、日ー東亜、日中、日米、日ー欧州各国の合従連衡(序:クスリ問題から)
 近年、少しずつではあるが、大麻の持つ、 医療効果(鎮痛・鎮静・食欲増進等々の良作用があり、その効力に比べて依存性が非常に低い) (もちろん、「ブースト効果」を抜かすやからもいるが、そういう奴はボンドでも快楽を覚えて、もっとひどい依存をするし、脳そのものもぶっ壊すだろう) やLSDやメスカリンの持つ医療効果 (諸痛のリダクションや、患者の問題になっている潜在的な心理の問題を露にすることで、戦って消すか、それを 「あるがまま」にして、我々が生きている「死後の世界」を如何に生きるかを考える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/27 22:54
要旨の見方のひとつ
「真実などないのだ」(バロウズ)  ここに一つの愚思していることを一つ加えてみたい。  「事実はあっても、真実とは『人の一念三千』を経由するものであり、それは、あまりにも多種多様で、『無い』に等しい。事実は玄妙にして近づき得ないものである。我々は、個人個人の真実というものを持っている。そうすれば、全体としてその世界は『空白の世界』であり、『死後の世界』ともいえる。しかし、そこにこそ自由がある」 と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/26 17:11
核諸技術における要旨
 こういうことを書いて、少しの原稿料ももらえればとも思っていますが・・・  一月、ほとんど何もしないで考え続けて得たことは、こういうことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 12:31
トリウムフッ化物熔融塩核技術のhumanitarianism(人道主義および博愛主義)
 「原子力発電の歴史と展望」は、売り切れ、一時2万円で、現在古本相場では6900円台に落ち着いている。彼は、東電原子力初期から、原子力・GE・再処理・地元工作にもかかわり、「もんじゅ」にも関わっているから、歴史の1次資料にもなると思って、ある人が熱心に執筆をお願いしたんだけど、こういう資料は「トリウムフッ化物熔融塩炉・フッ化物ターゲットADS・フッ化物核関連熔融塩技術が、どう発展すべきか・研究開発実現されるべきか、どう国民全体の福祉として、国民の総意を得るか?そういう道も照らし出してくれる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/14 18:25
MITの息のかかったコスト半分の溶融塩炉(LFTR)?
Energy News ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/18 23:36
諸先生方へ2
諸先生 御侍吏 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/23 01:51
PSEUDO DEMOCRASY,MAD NUCLEAR SCIENSTS
諸先生へ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/22 00:32
予測は、原子力プラント致命的破壊を始点にすべし
 私が、 A.トリウムフッ化物溶融塩炉(LFTR) B.フッ化物溶融塩核技術 C.フッ化物溶融塩ターゲットADS の研究開発を推し進めるべきととしているのは、 1.致命的破壊でも、放射性物質を被災地域を狭小にするという予測。 2.高レベル廃棄物の放射性毒素性と量を、 「人間世代で『極限にまで安全にできるように』 劇的減毒・劇的減量が可能にするという予測。 3.致命的破壊にあっても、圧力が低いので汚染範囲が小規模にとどまるという予測。 (1の補強) 4.232Uの高線量ガンマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/01/29 22:45
真の「原子力工学」学者・技術者は居ない。(1)
 私は、Forbsを読んで、悲しみと罪悪感がのしかかってくるのです。 私が、 「原子力するなら、『廃棄物処理とエネルギー賛成で大きな国富も上げられ、しかも欧米に撒き散らした放射能の贖罪をするために、たったひとつの方法』である『溶融塩炉(LFTR)システム』を『日本の最前線を行く企業の技術者や学者達(物理化学・溶融塩・ランダムグラフに通じたグラフ理論者・グラフ理論理・論学者・代数学者・確率・統計・解析学者などあらゆる面での日本最高レベルの数学者など日本最高のレベルのなどの全学者・技術者』で、一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/13 22:23
思い出せ、欧州のトリウム熔融塩炉開発コンソーシアムを!?
 トリウム熔融塩炉については、日本では大して知られていません。  まあ、日本の原子力情報の多くは、もんじゅと水炉で占められています。  第一、熔融塩炉やトリウムガス炉など、変な知恵を付けさせるような事は、 いろいろ差し障りがあるのでしないのです。 (確かに昔の東電は、これを支持しようと少数の人が働きかけたらしいですが、 そうした支持者達が夭逝(若死)したりして、不幸にも頓挫したということを 仄聞したことがあります。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/06 12:03
核廃棄物四万十川源流区域に来る?
 反原発、反再処理で知られるセンツァ=フィーネ氏のブログによると、 "核廃棄物四万十川源流区域に来る” かどうからしい。 "埋めりゃ済むだろう”と思っている原子力関係者は多い。    私は埋めるのには反対であり、 "核廃棄物消滅として、トリウム熔融塩炉やトリウム熔融塩ADSを使って、人間が責任もって管理できるぐらいの短寿命核種にすべし” と考えるほうです。  最近は、EEEの連中も私が考えていることを漸く感じたのか、「高速炉で核廃棄物消滅を」とか言っているようです。  もう遅い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 17:48
いくつか見たもの
 熔融塩炉で検索すると、奇妙なものに突き当たるものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 13:41
原子力反対論の問題,日本原子力界の破滅の不可避性
(要旨) 1.反対派は強引な自然エネルギー商業化で、原子力の二の舞を踏むか? 2.推進派の根拠は常に「エネルギー確保」だけだが、それで良いのか? 3.プルトニウム利用推進派のレベル:エネルギーの必要性だけで押し切れると思っているのか? 4.プルトニウム利用をする場合の日本原子力界の構造的な弱点:プルトニウムの軍事利用に精通しなければならないが、構造的に疎い。 5.プルトニウムの軍事利用を知りぬいた場合の危険。これらの原因に基づく日本原子力界の破滅は不可避? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 14:47
本気で考えれば分からないことだらけの原子力:自然界への放出
 私自身は下記のブログにある人物のように、再処理工場における放射線核種の生態系・生物への影響を、「安全だ」とは断言するほどの勇気を持ち合わせていません。 http://chinomori.exblog.jp/2982114  再処理工場からのトリチウムを安全だと言う勇気は、私にはありません。  だって、水素と言えば、生物を構成する元素の一つであるから、どの形態で生物体に入っていくか、どういう生体内の挙動を取るか、多様であると考えるからです。  トリチウムは、脂肪になっていくこともあろうし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 09:40
原子力エネルギー“も”含まれる
 まるで、近年、米国の新エネルギー開発戦略を盾に取り、 「われわれ原子力界の意見は正しい」 と、日本の原子力業界は言っていますが、米国の政策と言うのは、 「原子力エネルギー“も”含まれる」 わけでして、自然エネルギーやバイオマスといったエネルギー源の開発が除外されたわけではありません。  第一これらの再生可能エネルギーは、現段階で強引に商業化すべきではなく、長期的開発が必要なわけですから。  以下はライス長官の上智大学における講演の抜粋ですが、相当「含みのある」ものであることを窺い知... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 12:55
原子力推進の道:エネルギーセキュリティーか鉱毒(環境汚染)か?
 こんなこと言うと変な奴だと思われるのでしょうが、 “日本はエネルギーセキュリティーに乏しいために、ウラン鉱・鉱滓トリウムからの公害を免れている” という、“幸運な国家”なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 23:57
興醒めとなる原子力(冷え逝くわが国の原子力)
“原子力産業が抱えている根本問題は、原子炉の安全性ではなく、廃棄物処理でもなく、核兵器拡散の危険でもない。これらの問題はどれも現実であるにせよである。 原子力産業の根本的問題は、もはや誰も原子炉をつくるのになんら面白味を感じなくなったことである」(p.148)” <↑フリーマン=ダイソン「宇宙をかき乱すべきか」より> ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/28 22:58
東芝・電中研の4S炉とその中小型モジュール炉シリーズ:Na高速炉中では、もっとも将来性がある
 もんじゅ事故の失われた10年とは、「既存路線推進派と原発無条件反対派」の「価値観のぶつかり合い」に終わり、不毛でありました。  色々問題もあるMOX燃料Na-FR「もんじゅ」。先々が大変だ。  どうしても環境負荷が、原理的に重くなるPUREX再処理の、六ヶ所村。  結局、「ルネサンス」というよりは「復古・懐古趣味」になったような.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/15 21:30
TBN様、核廃棄物消滅処理・原子力と自然エネルギーについて....
TBN様 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/12 16:29
地層処分:核廃棄物の処分と言いにくい
 あーあ...確かに地層処分は選択肢の一つだが....  わたしゃ前に、地層処分について論文を書いたある人に、 「あなたの主張するような地層処分のやり方を、彼ら原子力界の人間は劣化したやり方で実行しますよ」 みたいなことを言ったのですが.....  しかしまあ、核廃棄物もADSにとっては燃料になるし、核燃料増殖のための材料になるのだし、核廃棄物処理の方法は色々あるのです。  可能性をワイドレンジで追求すべきであって、地層処分に集中しないほうが良い。  ある意味、核廃棄物処理戦略の全体... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/10 08:52
随想:確率論的リスク論やらリスクベネフィットやら...
 聖書の「ヨナ書」を見ますと、海で大嵐に遭遇したとき、船に居る人間におみくじをひかせて、 「おまえがくじに当たったので、大嵐の海に飛び込めや」と強制されて、ヨナは大嵐の海に飛び込む羽目になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/26 16:58
金属燃料・ウェスティングハウス・トリウムパワー・東芝・アルゴンヌ
 さて、お久しぶりに、この話をば.... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/24 19:43
「原発を新設」は76%反対、「既存の原発」は61%容認(2chニュース+に昔あったもの)
 これ、有意義なことが書いてある、素晴らしい2ちゃんねるのスレだったんで...   http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135001070/ (ちょっと、削っています...見やすくするために) 【原発】「原発を新設」は76%反対、「既存の原発」は61%容認…日本は特に傾向強く ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/24 15:50
「核廃棄物を埋めるんか?」核廃棄物の消滅処理(&その中でのトリウム熔融塩核エネ技術)
関連 *核廃棄物問題の根底にある要素とトリウムサイクル  *頂いた古川和男氏の投稿(1)“新エネルギー開発の現状と将来の可能性---貧困との闘い---” *頂いた古川和男氏の投稿(2)“新エネルギー開発の現状と将来の可能性---貧困との闘い---” *核廃棄物と良心の呵責 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/03 14:24
酔っ払って間違って送ったメール
 最近、酔っ払って、以下のような電子メールを原子力のエライOBに、間違って送ってしまいました。アカンわ...  「核廃棄物を燃やせる原子炉」なら、「核廃棄物の量」で需要が予測でき、エネルギー需要見こみとかいう、最近外れる予測に頼らずに済む。  そういう内容です。 (以下引用) 皆様 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/16 22:55
Na−FRは補助的?
 今月、異議は一杯あるけれど米国で、再処理路線の開発研究が動き出したようです。  まあもちろん、再処理といえども、日本のような湿式再処理ではありません。  米国では湿式の評判は悲惨なものですから。  で、まあ、ある方が米国の金属燃料FRに危惧されていましたので、私は以下の ように返事しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/10 23:48
核廃棄物・原子力リバイバル
 ご存知のように、原子力の問題の中で最も深刻なものは「核廃棄物をつくる」 です。  まずは、この問題にどこまで答えられるかが、ある原子力システム概念の開発 を決定するための、最重要の判断基準です。    半減期何百万年とかの危険な同位体が、いっぱいありますから。  よって、「核廃棄物消滅機能のある原子力システムを構築」しないといけませ ん。  そのために、最近の原子力開発の傾向として、 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> 1.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/12/05 11:53
核廃棄物に圧死し兼ねない原子力
 その昔、初期の原子力関係者は、核廃棄物を気にかけなかったものです。  なぜなら、廃棄物は少量で、出すエネルギーはものすごいからです。  けれど、核廃棄物に生物は案外脆弱であることや、まだ不明確な点が多数ある事が わかってきました。  そうした事の現われが、マンクーゾ報告であったり、比例説であったりしています。 (ここの点は専門ではないですが.....) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/03 20:39
古川博士らの面白い提唱ー加速器を使った核変換と燃料増殖の両立
 核廃棄物問題は、ネバダのユッカマウンテン処分場も辛い状況であり、  日本でも、旧動燃が「こっそり高レベル核廃棄物処分場の地質調査をしていた(うちの住んでいる地域ももちろん調査されています)ことが発覚しました。  知ってしまった人は、反対するのが殆どです。  実際のところ、「埋める」ような処分は、人間とくに日本人の普遍的であろう心情、土地・自然への畏敬の念という重要な心情を侵食しうる。  結局、「地層処分」というのは、「他の全ての方法を試したがどうしても無理だ」というときに使う最後の手段... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/27 16:43
トリウム熔融塩炉、MITの故Lidsky教授の日本の原子力エネルギー戦略についての論文
 まあ表題の通りなのですが....  ただ、日本の原子力関係サイトでは、全く言及もしていないようなので、何かの参考に なるかと思うので、書いておく次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/16 18:36
トリウムと核廃棄物(1)
 さて、トリウム高温ガス炉がドイツで興味をもたれているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/23 12:28
ドイツは原子力も考慮しつつあるが、それは過去の教訓や問題に答えた「原子力システム」である(1)
 ドイツは原発撤退を主に行っています。  で、石炭火力の熱電併給や風力などにシフトしつつ、原子力から手を引いています。  しかし、それがうまくいかなかった場合のオプションも、地道に準備されています。  ただしそれは、今までの原子力、とくに核廃棄物問題に真摯に対応したものなのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/18 23:54
自分で自分にウソをつく、哀れな者達
 少し、当方のメモとして、いろいろなHPのURLと抜粋文を書いておきます。 1.http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/bunken.html フリーマン=ダイソン ""ところが、イデオロギーに推し進められる技術の特徴とは、失敗が許されないという点である。だからこそ、原子力は問題になるのだ。イデオロギーによれば、原子力は勝たなければならなかった。 原子力 の推進者たちは一種の信仰として、原子力は安全にしてクリーンかつ安上がりで人類にとっての恵みだと信じていた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/30 00:28
原子力エネルギーは火力発電のノリでやるものではない→トリウム熔融塩炉へ...
 近年、つらつら考えるのですが、原子力エネルギーシステムというのは、以下のように考える方が多いのです。 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>  石油・石炭・ガス→燃焼(このときの熱を電気に変換)→燃焼後のガスを浄化して排出(石炭灰はコンクリート材料に使うこともできるが、一応「固体廃棄物」とでもしておこうかなあ)  核分裂性物質→核分裂(このときの熱を電気に変換)→核分裂後の燃料を「固体廃棄物」として埋めるか、さらに核分裂性の物質及び核分裂性物質の原料を抽出し、残りを固体廃... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/27 18:36

トップへ | みんなの「廃棄物」ブログ

(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ 廃棄物のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる