(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 溶融塩は「グラフ理論」上電気回路と同型(材料共存)

<<   作成日時 : 2013/07/16 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんへ

 「遅発性ジスキネジア・遅発性ジストニア」の激痛におきた私です。

 このごろ、
「無機フッ化物アルカリハライドトリウム燃料溶融塩炉」で、腐食、保守補修性が、
取りざたされています。


 私は通信性大学の学士ですが、
 「『無機フッ化物アルカリハライドトリウム燃料溶融塩炉』、の材料共存性について、
あほやなあ」と思うことが多い。
 こんなやつらが溶融塩炉(LFTR)の本を書いても、「腐食」で「無駄」に終わる。

というのは、この手の腐食に「グラフ理論」は出さないからです。
 「グラフ理論」は「液体構造や腐食メカニズムや対策のための有力な武器」なんですが。

 この腐食の一タイプは、「電気回路と同型」、つまり、同じパターンです。


 代数学では「同型=同じ」ですが、彼ら工学は別々に考える。
 これがいけない。
 溶融塩炉(LFTR)は、「智の異種格闘技」であるべきです。


 だーかーらー、
http://lequiosphere.blogspot.jp/2012/10/blog-post.html

が出て
私が、

http://10767277.at.webry.info/201307/article_5.html

を書く羽目になるのです。

 腐食については、前々にI教授からインスパイアされました。
 ありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
溶融塩は「グラフ理論」上電気回路と同型(材料共存) (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる