(「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ

アクセスカウンタ

zoom RSS midenight express-だったら小選挙区でも共産党が出たら投票したる。死票の価値は重い

<<   作成日時 : 2016/01/22 03:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



 実は、思いつくこともあるのだが、原発とTPP・パチンコで利益を貪る甘利、パンツ大臣高木とか、しょうもない自民党である。
 私のところは中国地方なので自民党が必ず勝つのだが、今回は小選挙区のここでも共産党の候補が立候補したら、そこに入れてやるつもりなのだ。
 実は、死票でも、共産党は有効利用しているからだ。
 死票でも共産投票が増えれば、自民公明・維新・民主などに、「お前らに不平を抱いているのはこんなにあるんじゃ」と、死票でも脅威することができるからで、それを当選者が吸い上げて、死票となった不満票を盾に、議会で追求できる。当選数が上がればなお良い。しかし、共産党も適正な人数で少数精鋭の中小規模のほうがいいわけなのだ。増えると、利を貪りまくる奴が出るとも限らないからだ。自民王国で「共産党候補」の死票が増えたらいったいどうなる。ものすごい脅威になる。ゆえに共産党候補の死票がガンガン増えれば、与党の背後に「死票の恨みがナイフを突きつける格好」になり、加えて、議会の共産党の厳しい追及に晒される。そうすると、無視できず、取り入れる必要が発生する。それはさらに、「不満から来る共産党の死票がどんどん増えて、落選するのではないかと思うから」である。この循環がどんどん続いて雪だるま式に膨れ上がりだしたら、自民もクラッシュするし、他の党もクラッシュさせられるわけで、長期戦略としてみても良い方法といえよう。
 要は、「落選した小選挙区の共産党候補の死票」は、与党にとっての脅威なのである。

 だから、落選する中国地方でも、安部に変わるとこ、小選挙区の候補を立てたのである。
 こういう戦略性があるからこそ、共産党の凄さが分かるというものなのである。
 当選しなくても「死票」は武器になると考えた共産党の着目は当に美しいといえる。だから今回は小選挙区で共産党候補が出てきたらぶち込む所存である。重要なのは、この「死票」を思いっきり増やすことである。
 そうすれば、現憲法もちゃんと機能するようになるし、諸問題も解消の方向に向かうわけなのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
midenight express-だったら小選挙区でも共産党が出たら投票したる。死票の価値は重い (「原子力屋」も知らぬ記事一杯)原子力だのゐろゐろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる